リプロスキン 口コミと効果。ニキビ跡を治す化粧品。ニキビが治らない赤み

長引くニキビとニキビ痕も治す化粧品【リプロスキン】公式ホームページはこちら






長引くニキビを治す化粧水『リプロスキン』について


▼本日は、私がニキビを改善したときに、最も効果があった化粧水【リプロスキン】について書いてみたいと思います。

リプロスキン


【リプロスキン】が効果的な人


・ニキビができやすい人

・なぜかニキビが繰り返しできてしまう人

・ニキビ痕が残りやすい人

・ニキビがなかなか治らない人




これに該当する人は、【リプロスキン】を使ってみることで、体質に合った場合、一気にニキビが改善していくことがあります。
(体験談)



▼上述したような項目に該当する人、つまり「ニキビができやすい人」や「ニキビが治りにくい人」というのは、

肌が弱っている

ケースがほとんどです。


このような場合、市販のニキビ薬などを使っても、もともとの肌が弱っているため、ニキビが治ってもまたすぐに再発してしまうわけですね。
(私自身がそうでした)



▼このような肌のタイプの人の場合、まず最初に「肌を元気にする」ということが必要になります。

これをやらないで、できてしまったニキビの対応に追われていると、いたちごっこのような状態になるわけです。


ニキビができる⇒ 治る⇒ またニキビができる⇒ 治る⇒ またニキビが…


エンドレスですね。



▼このようなエンドレスニキビを避けるために、まず「肌を元気にする」

【リプロスキン】は、そのための化粧水という役割です。


このことを理解せずに、市販のニキビ薬や、市販の洗浄力の強い洗顔料などを使い続けると、

ニキビ跡

になってしまう可能性もあります。



長引くニキビ(またはニキビ跡)を改善するには、「肌を保湿」しなければなりません。

しかも表面だけでなく、肌の奥までの保湿が必要です。


なぜなら、乾燥した肌は元気が無く、ターンオーバーのパワーも弱まるため、ニキビやニキビ跡が治りにくいからです。

結局のところ、長引くニキビや、ニキビ跡を治すのは薬ではなく、自分自身の免疫力だからですね。



▼市販のニキビ薬では、ニキビの赤みが治らないのは、市販のニキビ薬の多くは「炎症」を抑える薬であって、「保湿」するものではないからです。


なので私は、長引くニキビや、色素沈着や赤みなどのニキビ跡には、化粧水の「リプロスキン」を使います。

リプロスキン2


▼「リプロスキン」は、なかなか治らないニキビを治す効果と、ニキビ跡を改善するための化粧水です。


それと同時に、ナチュラルに肌を保湿することによって、
ニキビができにくい肌になる」という効果も感じました。


肌の保湿効果が非常に高く、色素沈着や赤みなどのニキビ跡も改善します。


感覚としては、ニキビ改善だけでなく、新しいニキビができにくくなる感じです。

ニキビが長引いてなかなか治らない時や、ニキビ跡を改善したい時には、オススメの化粧水ですね。
  ↓
長引くニキビとニキビ痕も治す化粧品【リプロスキン】公式ホームページはこちら





ニキビ博士の見解

アシスタント うさこ
「さて博士。本日は、長引くニキビ(ニキビ跡)を治す化粧水【リプロスキン】の解説をお願いします」
うさこ3

ニキビ博士
「うむ。ニキビがなかなか治らん時は、肌がしっかり保湿できておらんのだ」
博士


アシスタント うさこ
「えー。でも、洗顔後に化粧水つけてますよ?」


ニキビ博士
「うむ。肌が元気な時は、そのようなオードソックスな保湿でもいいんだがな」


アシスタント うさこ
「オーソドックスです 汗」



ニキビ博士
「ニキビが長引いてしまうと、その部分の肌がダメージを受けてしまい、普通の化粧水では保湿がうまくいかんのだ」


アシスタント うさこ
「えー 泣」



ニキビ博士
「ニキビの炎症が長引くということは、その部分の肌の角質がゴワゴワになってしまうということだ」


アシスタント うさこ
「はい」



ニキビ博士
「ゴワゴワになった角質は、なかなか水分が浸透していかんのだ」


アシスタント うさこ
「なるへそ」



ニキビ博士
「・・・聞く気あるか?うさこよ 怒」


アシスタント うさこ
「あ、あります! 汗」



ニキビ博士
「だから、ニキビが長引いて治らない時や、ニキビ跡の色素沈着は、普通の化粧水では治すのは難しかったりするのだ」


アシスタント うさこ
「そうなんですぅ~ 泣」



ニキビ博士
「そこで『リプロスキン』だ」


アシスタント うさこ
「お。やっと出てきましたね 喜」

リプロスキン2


ニキビ博士
「リプロスキンは、長引くニキビ(ニキビ跡)専用に作られた化粧水だ」


アシスタント うさこ
「はい」



ニキビ博士
「ゴワゴワになって、水分を吸わなくなった肌にも浸透するように、化粧水の成分を細かくしておるのだ」


アシスタント うさこ
「ナノテクノロジーですね!」



ニキビ博士
「うむ。ゴワゴワになった肌にも、細かい美肌成分が浸透し、肌を生き返らせるのだ」


アシスタント うさこ
「なるほど!」



ニキビ博士
「これによって、長引くニキビや、ニキビ跡を改善しつつ、新しいニキビもできにくい元気な肌になっていくのが『リプロスキン』のメリットだな」


アシスタント うさこ
「ですね」



ニキビ博士
「長引くニキビや、ニキビ跡に困ったときは、まずはお試しあれ」


アシスタント うさこ
「わかりましたー。興味のある方は、公式ホームページをのぞいてみてください♪」
  ↓
長引くニキビとニキビ痕も治す化粧品【リプロスキン】公式ホームページはこちら






▼にきびが治った後の「ニキビ跡」は、放置しておいても、なかなかきれいに消えてくれるものではありません。

ニキビ跡というのは、肌に残った「傷跡」ですから、正しいケアをしていかないと、そのまま一生のキズになってしまう可能性もあります。



▼ニキビ跡というのは、ニキビが長期間にわたって長引いてしまった場合に、ニキビが治ってもその部分に、色素が残ってしまったりする現象です。

これは放置しておいても、治るのに凄く時間がかかってしまったり、そのまま治らなかったりします。


ニキビ跡を治すには、肌のターンオーバーの力をアップさせなければならないわけですが、ニキビ跡になっている部分の肌は、既にダメージを受けて、角質が傷ついているし、乾燥肌にもなっています。ですからそのまま放っておいても治らないわけです。



▼ニキビ跡を治すための最も大切なポイントは 「保湿」です。

肌は、水分が豊富で、潤いがたっぷりある状態のときに、もっとも自然治癒力のパワーが高くなります。

傷痕を治すわけですから、自然治癒力が肌に備わっていないと、なかなかニキビ跡が治らないわけです。



▼そこで、ニキビ跡を消すには「保湿」をするわけです。

ただ、通常の化粧水で保湿をしても、ニキビ跡を消すことは難しいです。


通常の化粧水は、健康なお肌に水分を浸透させるためのものであり、傷ついたお肌に水分を浸透させるためのものではないからです。



▼ですから、ニキビ跡を治すには、ニキビ跡専用の化粧水を使わなければなりません。


【リプロスキン】は、長引くニキビや、ニキビ跡を治すための、専用の化粧水です。

通常の化粧水では、なかなかダメージを受けた角質に潤いを染み込ませることは難しいのですが、リプロスキンは、ダメージを受けてゴワゴワになった肌を、複数回のモニターテストによって保湿成分の配合バランスを決めて、ダメージを受けた肌にも、うるおい成分が届くように作られています。



▼リプロスキンは、ニキビ跡と長引くニキビを治すための化粧水であり、普通の化粧水を、どんなにつけても保湿できなかった人でも、ダメージを受けた角質にスムーズに浸透していく化粧品です。


ニキビ跡がなかなか消えてくれなかったり、ニキビが長引きやすい人は、【リプロスキン】を試してみてください。

ニキビを治すコスメおすすめ

ニキビ博士がオススメする、ニキビ改善用のコスメ「ランキング」を発表します。

⇒ニキビ改善コスメランキングはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ